2016年11月26日

ゆりかもめ舞う 浜名湖佐久米駅

11月16日の静岡新聞「動画deしずおか」面に
「冬の使者 電車と共演」という記事がありまして。。

なんでも天竜浜名湖鉄道の
浜名湖佐久米駅」に
シベリアからの渡り鳥「ゆりかもめ」の
越冬隊がいらっしゃるとのことで!

コレは是非ともこの冬の間に行ってみたいと
思い立ったが吉日
行ってきました。

駅の駐車場着くと駅の線路の方に白い鳥が
ちらほらと舞っているのが見えました。

「わあ!いるいるー!」

急いで駅に向かうと
たくさんのゆりかもめと共に天浜線の電車が
ホームに滑り込んで来るのが目に入りました。
2016112570D (1).jpg
うぉうー!
何と言う素晴らしい光景。

電車が去った後もゆりかもめさんたちは
佐久米駅構内や浜名湖に停留しています。
2016112570D (7).jpg

2016112570D (3).jpg
整然と一列に並んじゃって可愛い…

後でスタッフのおじさんに聞いたところ
羽根にさざ波模様があるのが今年生まれたヒナ。
若いコはくちばしが黄色っぽいんだそうです。
2016112570D (2).jpg
ヒナなのに遥々シベリアから渡って来たのですね。
鳥って逞しい。カッコいい。

さざ波が無いのがオトナ(成鳥)
くちばしが赤いそうです。
2016112570D (4).jpg

鼻先をかするほど近くまで飛んできます。
2016112570D (5).jpg

2016112570D (6).jpg

線路のすぐ向こうは浜名湖
2016112570D (8).jpg
魚を獲ったりしているそうです。

駅に併設されている「かとれあ」という喫茶店で
ゆりかもめのごはん(パンの耳)を一袋100円で
買えます(^^)

早速あげてみたら
すっげぇ勢いで
パンの耳めがけてくる
数十羽のゆりかもめに
取り囲まれてしまいました。

ヒッチコックの「鳥」状態で
とてもカメラを構えることができませんでした(笑)
と言う訳で私がパンやりしている写真は
ありませぬ。

いかに私が鳥好きでも、未だかつて
こんなに鳥(取り)囲まれたことはありません。
掛川花鳥園よりも迫力があります。
さすが食うか食われるかの野生動物魂です。
2016112570D (9).jpg

2016112570D (10).jpg

2016112570D (11).jpg
雄大な空をはばたく姿も見れて感激。
ヒトにごはんをねだりに来てもやはり野生なんだなぁ。

可愛い顔〜黒ハート
2016112570D (12).jpg
だっこしたらふかふかなんだろうなぁ。

いやーん、ふかふか…
2016112570D (13).jpg
しかしオトナになるとさざ波模様が消えるって
オカメインコの♂みたいですねぇ、君ら。

お日様に暖められたコンクリートの上で
ゆりかもめモチ…
2016112570D (14).jpg

スタッフさんが浜名湖に向かってパンの耳を
投げるとみんな一斉に浜名湖にダイブ!
2016112570D (24).jpg


浜名湖から上がってきたコたちのアンヨには
お水が滴ってて、私の首筋に落ちてきた時は
びっくりしましたあせあせ(飛び散る汗)
そうか、海鳥ですもんね。
2016112570D (15).jpg


午後2時ごろ、次の電車がやって来る時間に合わせて
スタッフのおじさん(近所のお寿司屋さんの大将)が
やって来ました。

おじさんを見つけたゆりかもめたちは
「おじさーんハートたち(複数ハート)
2016112570D (16).jpgハートたち(複数ハート)
良くわかってるなぁ。

大量の食パンに群がる大量のゆりかもめ
2016112570D (17).jpg
白い影におじさんの姿が霞む。。
圧巻の景色です。

2016112570D (18).jpg

2016112570D (19).jpg
アタマや腕に乗って来ますよ。
私もアタマに乗ってもらった♪
オカメインコや文鳥にはない重量感が新鮮でした。

パンめがけて飛んでくる白い矢の雨みたい
2016112570D (20).jpg

2016112570D (21).jpg

2016112570D (22).jpg

2016112570D (23).jpg
おじさんによるとゆりかもめは11月中旬から
この佐久米駅に飛来し始め(最初は6羽だったんだって)
今は200羽くらいいて、12月になるとこの倍以上の
ゆりかもめでいっぱいになるそうです。

なんですって?
こ、この倍以上??
どうしよう、そのゆりかもめぎゅうぎゅう詰め状態も
見てみたい。。

パンを上手にキャッチ!
2016112570D (25).jpg

2016112570D (26).jpg

2016112570D (27).jpg

2016112570D (28).jpg
ゆりかもめに大人気になれるのが嬉しくて
パンの耳4回も買っちゃった(笑)

「電車が来たよ!みんな、行くぞ!
(せーの)いらっしゃいませー」
2016112570D (29).jpg

電車の到着に合わせておじさんがゆりかもめを
集めてくれて、乗客の皆さんも嬉しそうでした。
2016112570D (30).jpg

2016112570D (31).jpg
ゆりかもめたちも「電車が来る=パンをもらえる」と
分かってますねぇ。賢い。

蒼い空に白い翼が良く映えます。
2016112570D (32).jpg

「IT’S カモメ!」ってなカタチの翼
2016112570D (33).jpg

ゆりかもめが飛翔する姿をこんな間近で見れて
興奮し通しだよ、わたし。。
2016112570D (34).jpg

おじいちゃんがお孫さんを連れてゆりかもめに
ごはんをあげに来ました。
お孫さんはカモメたちの鬼気迫るパン争奪戦に
びっくりしてしまい、おじいちゃんが
あげているのを恐々見てました。
2016112570D (35).jpg

これが野生の
2016112570D (36).jpg

厳しさですよ
2016112570D (37).jpg

お嬢さんや
2016112570D (38).jpg



2016112570D (39).jpg

2016112570D (40).jpg


「多い時は5羽乗るよ。
アタマ1、右腕と左腕に2羽づつね(^^)」
2016112570D (41).jpg
おじさんのところにはパンが無くても
ゆりかもめたちがこぞって乗っていきます。
いい信頼関係が築けているんでしょうね。
野生なのにこんなに人懐こいなんて。

「電車さん いらっしゃーい」
2016112570D (42).jpg
ゆりかもめたちのお出迎えも慣れたものですね。
(電車の運転士さんも警笛を鳴らしてゆりかもめたちに
注意を促していて、今まで一羽も轢かれたコは
いないそうです。)

嗚呼、絶景かな 絶景かな
2016112570D (43).jpg

電車が去った後、おじさんが
「電車が行った後だけ入れる場所に案内してあげる」と
教えてくれた場所は
浜名湖と線路との堤防(?)防護壁(?)に
3mくらいの間欠部があり、そこから
浜名湖の湖面を一望できるところでした。

「ここなら鴨とカモメと一緒に写真が撮れるよ」と
パン耳をぐわっと浜名湖に投げてくれました。
2016112570D (44).jpg
(おじさんは「鴨」って言ってたけど黒いコは
「バン」じゃないのかなぁ)
ゆりかもめたちの集中爆撃に鴨さんたち
戸惑い気味でしたけど(笑)
いい写真が撮れました。

おじさん、親切に色々教えて下さったり
ベストショットポジションを教えて下さって
ありがとうございましたアリガト
お陰さまでより一層この場所を、時間を
たのしむことが出来ました。

おじさんとゆりかもめも素敵でした。
2016112570D (45).jpg
冬の使者たちとのふれあいの時を大切にされているのですね。
ゆりかもめたちがシベリアに帰る時まで
お世話頑張って下さいね。

12月にまたおじさんやゆりかもめたちに
会いに行きたいな。
お邪魔じゃなければおじさんとゆりかもめの
写真もお土産に持って行きたいな(^^)

ゆりかもめの群舞など
2016112570D(48).jpg

2016112570D(50).jpg

2016112570D(51).jpg

2016112570D(52).jpg

2016112570D(53).jpg

2016112570D(54).jpg

2016112570D(55).jpg

2016112570D(56).jpg

2016112570D(57).jpg

2016112570D(58).jpg

2016112570D(59).jpg

2016112570D(60).jpg

2016112570D(62).jpg

2016112570D(63).jpg

2016112570D(64).jpg

2016112570D(65).jpg

2016112570D(66).jpg


おまけ
叔母のアタマにもゆりかもめるんるん
2016112570D(46).jpg

母のアタマにもゆりかもめるんるん
2016112570D(47).jpg

この冬、アナタもアタマにゆりかもめを乗せてみませんか顔(イヒヒ)
ゆりかもめにくちびるキスマークを奪われることも
ありますのでマスクして行くことをおススメします。

スタッフのおじさんによるパン耳タイムは
午前10時頃から一時間ほど と
午後2時頃から一時間ほど だそうです。
この時間に行くと電車とゆりかもめの
どえらいコラボ写真が撮れますよ!
鉄道ファンにも鳥ファンにも嬉しい時間です♪

exclamation大事なことexclamation
野生動物と触れ合った後は、感染症予防のため
お家の鳥さんやわんさん、にゃんさんたちの
お世話をする前にうがい、洗髪、シャワー(入浴)
などをしたあと、着替えをして下さいね。

持って行ったバッグやカメラの消毒も忘れずにGood
ニックネーム よしこ at 13:13| Comment(0) | とりさんいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする